IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

ネットワーク仮想化とは?

2016/06/13

サーバだけが仮想化の対象ではありません。クラウド基盤を構成するあらゆるITリソースをソフトウェア定義によって制御し、運用を最適化するSDDC(Software-Defined Data Center)の重要プラットフォームとして、ネットワーク仮想化が注目されています。

今後のクラウド基盤のあるべき姿

昨今、ITインフラの分野において「SD××(Software Defined~)」というキーワードをしばしば見聞きするようになりました。これまでハードウェア単位で行われていた設定や運用を、ソフトウェアによってより柔軟に制御できるようにするという考え方です。 企業にとって、システムを構成する多種多様なIT機器に習熟することは本来の目的ではありません。求めているのは、専門的な知識やスキルは持たなくても、ビジネス環境の変化や組織再編などに対応したITサービスを迅速に展開できる仕組みです。 そうした中でヴイエムウェアは、今後のクラウド基盤のあるべき姿として、SDN(Software Defined Network)やSDS(Software Defined Storage)などの概念を包括した「SDDC(Software Defined Data Center)」と呼ばれる次世代ITインフラのアーキテクチャを提唱しています。ベースにあるのは仮想化技術で、サーバやクライアント(デスクトップ)、ネットワーク、ストレージなどのITリソースを抽象化して統合管理すると共に、データセンター運用の最適化や自動化を支援する仕組みを提供します。

SDDCを具現化するネットワーク仮想化技術

言い方を変えるとSDDCを具現化する重要なプラットフォームの1つとして、ネットワーク仮想化の技術が位置づけられています。 現在の企業ネットワークは、スイッチやルーター、ファイアウォール、ロードバランサーなど、マルチベンダーの多様な機器で構成されており、業務や組織ごとに独立したセグメントの構築をはじめ、安定したサービス品質の確保、セキュリティ対策の強化といった要求に応えるため、非常に複雑なオペレーションが発生しています。 そこにネットワーク仮想化の仕組みを導入することで、サーバ管理者側によるVM(仮想マシン)やデータストアとネットワークサービスの一元的な管理を実現。デバイスごとに細分化・専門化されたネットワーク技術者への依存を最小限に抑え、システム運用にまつわる作業負荷やコストを低減することができます。例えば、新規ビジネスの立ち上げやグローバル進出、M&A(企業の買収・合併)などによる組織再編が行われた際にも、それにあわせてネットワーク構成を柔軟に変更することが可能となります

オーバーレイ方式を提供するVMware NSX

もっとも一口にネットワーク仮想化といっても様々な方式があり、大きく「Hop-by-Hop方式」と「オーバーレイ方式」の2つに分類することができます。 Hop-by-Hop方式として有名なのがOpenFlowで、同プロトコルに対応したスイッチやルーターなどのフロー制御をソフトウェアで設定し、中央のコントローラからポリシーの一括配布や実行管理を行うことができます。

一方のオーバーレイ方式は、仮想スイッチ間を橋渡しする「トンネル」を定義し、よりハードウェアに依存しない形でネットワーク仮想化を実現するものです。

ヴイエムウェアが提供している「VMware NSX™」はオーバーレイ方式を提供するネットワーク仮想化プラットフォームで、様々なネットワークサービスを仮想で提供し、コントローラから集中制御を行います。例えばファイアウォールやロードバランサーなどの機能もエッジ側に実装して任意のVMと接続し、物理ネットワークから分離します。
オーバーレイ方式のもとで物理ネットワークはシンプルなパケットの通り道になるため、既存のネットワークリソースも有効に活かすことが可能。加えて物理的な回線の抜き差しやスイッチの設定変更などの煩雑な手作業を低減する事が出来、ネットワーク機器のイニシャルコストや運用コストの削減にも貢献すると考えられます。

 

仮想化とは?一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード