仮想化とは?

コンテナのメリットと課題とは?〜仮想マシンとの比較と、Kubernetesが注目される理由(3/3)

2019/12/18

残された課題

コンテナとKubernetesを組み合わせることで、コンテナが壊れたときの可用性担保や、ロードバランサやオートスケールによる負荷分散の問題は解決しました。しかし、Dockerに由来する課題がすべて解決したとは言えませんし、いくつか新しい課題も生じています。例えば、Kubernetesのネットワーク機能は、NGINX、flannelといった様々なOSSと連携することで実現しています。しかしそのことは、かえってネットワーク運用の煩雑さを招いてしまいます。もちろん、複数のOSSに習熟するためのコストも考慮しなければなりません。さらに、コンテナのイメージ管理はKubernetes単体では提供されていませんし、コンテナの配置関係の可視化・管理ツールについても、まだまだ十分とは言えません。そもそも、Kubernetesそれ自体の構築が難しく、高いスキルが要求されます。

VMwareの取り組み

そこでVMwareでは残された課題に対して、以下のような取り組みを行っています。

残った課題に対して VMware はどう取り組むか

(1) VMware NSX

コンテナによるネットワークの複雑さを解決するのが、VMware NSX®です。新しいバージョンのNSX-Tでは、マルチハイパーバイザーに対応するだけでなく、コンテナにも対応しています。さらに、L2からL7まで、Kuberenetesと連携して使われる多くのOSSの機能を代替することが可能です。複数のOSSを使用する煩雑なネットワーク管理から解放されるとともに、OSS利用に伴う学習コストを大幅に低減し、シンプルなコンテナネットワークを実現することができます。

コンテナネットワーキングは NSX で最適化

(2) VMware Enterprise PKS

Kubernetesの構築・運用に伴う複雑さを解決するのが、VMware Enerprise PKSです。Kubernetesクラスタのデプロイはとても大変ですが、PKSを使うとコマンド1つで済みます。さらに、イメージ管理の仕組みとしてHarbor Registryという機能や、Kubernetesそれ自体のバージョン管理を行うBOSHという仕組みを用意しています。さらに、PKS
にNSXが内包されています。ベアメタルの部分を VMware vSphere®とVMware vSAN®で仮想化することもできますし、運用管理ツールであるvRealizeと連携することも可能です。

VMware Enterprise PKS

(3) VMware Tanzu/Project Pacific

最後にコンテナの運用の問題を解決するのが、VMWorld2019で発表されたVMware Tanzu/Project Pacificです。これは、Kubernetesクラスタ、従来の仮想マシン、そしてPodを直接vSphere上で動かすことができる技術です。言い換えれば、現在の仮想マシンベースのクラスタと、今後増えていくであろうKubernetesベースのクラスタを、vSphereで一元管理することができます。その結果、開発者はセルフサービスでKubernetesを欲しいタイミングでセルフサービスで利用することができる一方、運用管理者は、従来慣れ親しんだ仮想マシンと同じやり方でKubernetesクラスタも管理することができます。

VMware Tanzu / Project Pacific

まとめ

コンテナは、軽量・高速・可搬性に優れた便利な仮想化技術です。そしてKubernetesの台頭により、コンテナの利用規模はさらに大きく広がっています。VMwareのソリューションを活用することで、従来のIT資産を活かしながら、コンテナとKubernetesに伴って生じる様々な複雑さを解決し、エンタープライズでのコンテナ活用をさらに推し進めることが可能になります。

おすすめ資料ダウンロード

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「仮想化とは?」

人気の記事

関連する資料ダウンロード

関連情報

TOP