IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

Workspace ONE Intelligence が 解決する、IT管理者の3つの悩み事 (1/3)

2018/07/12

VMware Workspace ONEのオプション機能として2018年3月にリリースされたVMware Workspace ONE Intelligence (以下、Workspace ONE Intelligence)は、Workspace ONEプラットフォームが収集する様々なデータを集約し迅速に可視化するだけでなく、そのコンテキストを活用して様々な自動化を行うことができます。

WS1INTL_1

参考)Workspace ONE Intelligenceとは

本稿では実際のエンドユーザーデバイス(Windows PCや業務用スマートフォン)の管理の現場で懸念となっているよくある3つの課題について、Workspace ONE Intelligenceがどのような解決策を提供するのかをご紹介します。

課題1: 会社支給のスマートフォンが実際に活用されているかわからない

法人契約で従業員に配布する携帯電話の多くがスマートフォンとなる中、スマートフォンの適切な管理のためにMDM (モバイルデバイス管理)サービスを併せて契約している企業が増えています。
しかし、そうしたキャリアのオプションサービスとして提供されるMDMは機能が豊富とは言えず、例えばそのスマートフォンが適切に利用されているのか、日々の業務で活用されているのか、無駄な経費になっていないか、といった経営者視点でのレポートを柔軟に作成することは困難です。

解決策:会社スマートフォンの利用状況をダッシュボードに可視化

Workspace ONE IntelligenceではWorkspace ONE 統合エンドポイント管理(Workspace ONE UEM、VMware AirWatch)に加入しているデバイスのうち、例えば3ヶ月間使用されていないデバイスの一覧を作成するといったレポートを作成することができます。加えて、どの組織グループでどのデバイスが活用されていないのか、デバイスのOSはどれが人気でどれが不人気なのか、といった視点でのグラフを容易に作成することが可能です。

WS1INTL_2

WS1INTL_3

さらに、使用されていないと思われるデバイスを暫定的に他のデバイスグループに移動させた上で、適切な利用をユーザーに促すことや、自動的にワイプをかけるなどのアクションを自動で実行させることが可能です。

WS1INTL_4

WS1INTL_5

せっかく導入したスマートフォンですから、管理者の負荷を高めることなく、有効に活用できるようにしたいものですね。

1 2 3

課題を解決一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード