課題を解決

最新アプリケーションのための次世代インフラ 「VMware vSphere 6.5」が登場(1/3)

2017/02/14

VMware vSphere® は、新しいバージョン/リリースの提供を通じて機能追加や改善を重ね、より使いやすいサーバ仮想化基盤へと進化してきました。このたび登場した VMware vSphere 6.5によって大きく強化された、「最新アプリケーションのための次世代インフラ」としての機能をご紹介します。

自動化と管理機能の強化、信頼性の向上

ミッションクリティカルなシステムを安心して運用できる次世代のサーバ仮想化基盤として、VMware vSphereはさらなる進化を遂げました。

VMware vCenter Serverの機能強化

VMware vCenter Server®は複数のハイパーバイザー(ESXi)を統合的にコントロールする管理コンソールです。
VMware vSphere 6.5では、vCenter Serverの可用性を高めてほしいというお客様からの多くの要望を受けてvCenter HA機能を搭載しました。設定が完了すると vCenter Serverが自動的にデータをレプリケーションし、パッシブノードとウィットネスノードを展開。万一、アクティブノードが停止した場合でも迅速な回復を図ります。
また、 vCenter Serverのバックアップ&リストアをファイルベースで行えるようになったことも大きなポイントです。従来のスナップショットベースのバックアップ&リストアのようにシステム領域をOS部とデータベース部で分けて考える必要がなく、一連の作業をシンプル化します。
さらにHTML5ブラウザベースのVMware vSphere® Web Client機能の提供により、クロスプラットフォーム(Windows、Linux、Mac)でのアクセス性が向上でのアクセス性が向上しました。

VMware ESXiの機能強化

仮想化ハイパーバイザーのVMware ESXi™にも大きな機能強化が図られています。
VMware vSphere Proactive HAは、各ハードウェアベンダーが提供している専用の監視ソフトウェアと連携。ハードウェア障害の兆しを事前に察知した場合、影響範囲にある仮想マシンをvMotionで健全なホストに移動します。これによりフェイルオーバー時の仮想マシンの再起動を避けることが可能となります。
そのほかにも、依存関係を設定できるvSphere HA、オンプレミスとクラウド間での仮想マシンの移動を可能とするCross-Cloud vMotion、Web ベースの ESXi コンソールなどの機能強化が行われています。

vs65-002

おすすめ記事

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連情報

TOP