IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

VMware vSAN環境バックアップの検討ポイントと基本メソッド (3/3)

2018/12/11

最新テクノロジーを活用してバックアップ/リストア作業を効率化

VMware vSAN環境には複数の仮想マシンのデータストアが統合されるため、大量のデータが集まってくることになります。そこで日々のバックアップ作業、そして万一の事態のリストアを効率化する最新ソリューションをご紹介します。

永久増分バックアップ

従来の増分バックアップは定期的なフルバックアップの取得を必要としていました。これに対して永久増分バックアップは、その名のとおり初回のみフルバックアップを行えば、以降は増分バックアップのみで恒久的に運用できます。
バックアップデータ全体容量のうち増分データが占める割合はほんのわずかであり、日々のバックアップを短時間で終わらせることができます。

vsan-datamgt-bkup-slide_005

インスタントリカバリー

通常、仮想マシンはバックアップデータのリストアが完了するまで稼働することはできません。しかし、「インスタントリカバリー」と呼ばれる機能を搭載したバックアップ専用アプライアンスは、バックアップデータをそのまま仮想マシンにマウントし、ブートディスクに見立てることが可能です。これによりリストアを待たずに業務を再開することができます。また、仮想マシンを動かしている裏側でStorage vMotionを利用し、バックアップデータを本来のデータストアにリストアすることができます。

vsan-datamgt-bkup-slide_006

ここまで解説してきたように、VMware vSAN環境のバックアップといえども決して難しくはありません。また、どんな場合もバックアップは運用重視です。これまで実践してきた方式は変えず、課題点を新機能で補完するほうが早期に安定します。この点に留意し、将来の統合データ管理を見据えたバックアップを整えていくことが、デジタルトランスフォーメーション時代におけるビジネス/サービス変革へとつながっていきます。

vsan-datamgt-bkup-slide_008

なお、VMware製品のディストリビューターであるネットワールドでは、VMware vSAN環境に対応したバックアップソリューションとして、下記のように幅広く各社の製品群を取り扱っています。お客様の業務や都合にあった機能をもつ製品群をお選びいただけます。


本記事について詳しくは、次のダウンロード資料をご覧ください。

「ネットワールドが伝えるvSAN環境バックアップのメソッド!~vSAN環境のバックアップについて注目ソリューションをご紹介~」ダウンロード

本資料では、記事でご紹介したvSAN環境のバックアップについて、より詳しく説明しています。

 

【謝意】本コンテンツは、株式会社ネットワールド ストラテジック・プロダクツ営業部 SP2課 課長の宮本隆史氏の取材協力および資料提供により作成されました。

1 2 3

課題を解決一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

ニュースレターを購読する >

Instagramをフォローする >

RSSを登録して購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード