IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

ハイブリッドクラウド時代に向けて VMware vSphere 6.7が提示する4つの強化ポイント (1/3)

2018/06/18

ヴイエムウェアはサーバ仮想化ソフトウェアの最新バージョン「VMware vSphere® 6.7」をリリースしました。ハイブリッドクラウドを指向する企業のニーズを先取りし、今後の仮想基盤のあるべき姿を体現するものです。

オンプレミスのデータセンターからパブリッククラウド、エッジにまたがる広範なアプリケーションの実行環境を提供

高度化・多様化する仮想基盤の要件

現在、仮想化技術は多くの企業で当たり前に使われるインフラとなりました。これに伴い、そこで求められる要件もますます高度化しています。
仮想マシン(VM)のワークロードはテスト/開発環境からミッションクリティカルな重要システム、さらにはコンテナ化されたアプリケーションなどへと多様化しています。これらのアプリケーションを1つのインフラの中で、サービスレベルをコントロールした上で効率的に稼働させなければなりません。
また、この仮想基盤を構築・運用する拠点は、これまではオンプレミスのデータセンターやプライベートクラウドを前提としていましたが、昨今はパブリッククラウドでも同様の要件を満たしたいというニーズがどんどん増えています。
さらに、仮想デスクトップ(VDI)やIoTなどの用途に牽引され、エッジやブランチといった環境でも仮想基盤の広範囲な対応が求められるようになりました。
そして当然のことながら、不正侵入や情報漏えいなどのリスクを最小化するセキュリティを実装できることが、エンタープライズの仮想基盤にとっての必須条件です。

vmware-vsphere-67-advantage_01

ハイブリッドクラウドに向けて進化したVMware vSphere 6.7

上記のような昨今の仮想基盤に対する要件を満たし、お客様のご要望に応えるべく、ヴイエムウェアではサーバ仮想化ソフトウェアの最新バージョンとしてVMware vSphere 6.7をリリースしました。ハイブリッドクラウドを前提とした高効率かつセキュアなプラットフォームとして、「シンプルな管理」「セキュリティ」「アプリケーション対応」「ハイブリッドクラウド対応」の4つの観点から機能強化を図っています。

1 2 3

課題を解決一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード