IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

VMware SD-WAN by VeloCloudを活用したWAN最適化 (2/3)

2018/12/13

VMware SD-WAN by VeloCloudによる課題解決

SD-WANの活用メリット

WANに関する企業や情報システム部門の様々な課題の解決策として注目されているのがSD-WAN(Software-Defined WAN)です。Software-Definedの考え方をWANの世界に適用したもので、クラウドサービス利用にも最適化されたWANの設定や運用管理をソフトウェアベースで実現します。
SD-WANを活用することで、下記のような課題解決が可能となります。

  • コスト削減
    従来の専用線を基本としたWANでは、トラフィック増加にあわせてネットワーク回線の容量(帯域)を追加契約する必要があります。当然のことながら、その増加分はコスト増として跳ね返ってきます。これに対してSD-WANでは、より安価なインターネット回線を利用して回線コストを抑えつつ、ネットワーク品質を高めることが可能です。
  • 運用管理・体制
    従来のWANでは、例えば新たな拠点を接続する場合、その都度ネットワークの設定変更を各拠点で行う必要がありました。SD-WANを利用すれば、GUIから簡単にセットアップを行うことが可能です。大規模な構成のWANも少人数で運用管理を行うことができます。
  • ITサービス(クラウド活用)
    SD-WANの最大のメリットは、一般的なインターネット回線を利用しながらもネットワーク品質を高め、運用開始後の構成変更にも柔軟に対応できるようになる点にあります。これによりビジネス環境の変化に迅速に応えるITインフラを実現します。

VMware SD-WAN by VeloCloudを構成する3つのコンポーネント

ヴイエムウェアが提供するSD-WANのソリューションが、VMware SD-WAN by VeloCloudです。VMware SD-WAN by VeloCloudは、次の3つのコンポーネントで構成されており、ブランチサイトからデータセンター、クラウドサービスまでを結ぶネットワーク環境の最適かつ柔軟なコントロールを実現します。

  1.  VMware SD-WAN Edge
    企業の各拠点に設置するハードウェアアプライアンス(ルーター)で、オンプレミスのデータセンターおよび各種クラウドサービスとのセキュアな接続を実現します。
    回線種別の異なる複数のWAN回線を束ねて、一つの回線として利用することが可能です。
  2. VMware SD-WAN Gateway
    VMware SD-WAN Edgeeからインターネットを経由してクラウドサービスに接続するトラフィックを中央制御し、トラフィックの制御やログ取得などを行うゲートウェイの役割を担います。
  3. VMware SD-WAN Orchestrator
    SD-WANの環境全体をGUIで一元管理します。拠点の拡大やネットワーク回線の拡張にも容易に対応できます。

vmware-nsx-sd-wan-velocloud_002

1 2 3

課題を解決一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

ニュースレターを購読する >

Instagramをフォローする >

RSSを登録して購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード