課題を解決

VMware Cloud on AWS によるハイブリッドクラウド入門(3/3)

2019/06/04

VMware Cloud on AWSのユースケース

ニーズに応じたフレキシブルな活用パターン

VMware Cloud on AWSの利用形態として増えているのは、次の4つのパターンです。

  1. データセンター拡張として利用
    お客様のオンプレミス環境のリソースがひっ迫してハードウェアの追加が必要となった場合、VMware Cloud on AWSを利用すればすぐにホストを調達し、不要になれば縮小または削除することが可能です。オンプレミス環境の拡張版リソースとして有効に活用できます。
  2. DR(災害対策)サイトとして利用
    VMware Cloud on AWS上のリソースを待機用のリソースとして利用することで、物理的なデータセンターやサーバを用意することなく、最小限のコストでなおかつ短期間でDR環境を構築することができます。
  3. クラウドへの移行
    ハードウェアのリプレースやソフトウェアのEOS(サポート終了)、あるいはコロケーションサービスの契約更新といったタイミングでクラウド移行を考える際に、VMware Cloud on AWSは有力な選択肢となります。
  4. 次世代アプリケーションの活用
    VMware Cloud on AWSはネイティブの多様なAWSサービスとのシームレスな連携も可能なため、アプリケーションをモダナイゼーションしたい、AIやデータ分析などの最新テクノロジーと連携させたいといった要件にも対応できます。


VMware Cloud on AWSにご関心を持っていただけたなら、PoC(概念実証)を行っていただきたく思います。通常VMware Cloud on AWSをプロダクション環境でご利用いただく場合は、最小構成3ホストからのスタートとなりますが、お試し版としてシングルホストSDDCのスターター構成(30日間限定)を低価格でご利用いただけます。テストを終えた後、プロダクション環境にシームレスに移行することも可能ですので、ぜひ担当営業までお問い合わせください。


VMware Cloud on AWSについては下記サイトにてご紹介しております。
https://cloud.vmware.com/jp


本記事について詳しくは、次のダウンロード資料をご覧ください。

VMware Cloud on AWS 小規模環境にも最適な2ノード構成が新登場 急を要するコストを最適化し、支出を最小限に

VMware Cloud on AWS
小規模環境にも最適な2ノード構成が新登場
急を要するコストを最適化し、支出を最小限に

本資料では、記事でご紹介した VMware Cloud on AWS の概要をはじめ、2ノード構成における小規模のユースケースとそのベネフィットについて、さらに詳しく説明しています。
詳しくはこちら


ハンズオン ラボで製品を無償評価

製品やソリューションの無償評価は、ハンズオン ラボをご利用ください。
ハンズオン ラボは、Webから登録するだけですぐにお試しいただけます。インストールは不要です。

ハンズオン ラボで無償評価

おすすめ資料ダウンロード

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連する記事

関連する資料ダウンロード

関連するセミナー

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP