2020/12/25

はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助金)は東京都が実施するテレワーク導入に向けたコンサルティングを受けた都内の中堅・中小企業等に対して、テレワークをトライアルするための環境構築経費、および制度整備費を補助しテレワークの導入促進を図る補助事業です。

この度、VMware Horizon、 VMware Horizon Cloud on Azure、VMware Workspace ONE が対象ツールに選定されました。

はじめてテレワーク(テレワーク導入促進整備補助金)とは?

東京しごと財団が行う東京都内の中小企業向けのテレワーク導入支援事業です。テレワーク導入に向けたコンサルティングを受けた都内の中堅・中小企業等に対して、テレワークを導入するための環境構築経費、および制度整備費を補助します。

【補助対象事業者】

東京都が実施するテレワーク導入に向けたコンサルティングを受けた都内の中堅・中小企業等で、以下の項目に該当する事業者

  • 都内に勤務する常時雇用する労働者を2人以上999人以下、かつ6か月以上継続して雇用していること
  • 就業規則にテレワークに関する規定がないこと
  • 都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」に参加していること

その他詳細な要件は、募集要項をご確認ください。

【補助対象費用】

  1. テレワーク環境の構築
    • 在宅勤務、モバイルワーク、サテライトオフィス勤務を行うための環境構築費用
    • 東京都が別途管理・提供する「テレワーク導入プラン」ホームページより選定したテレワーク環境を構築するための機器・関連ソフト等導入費用
    • モバイル端末等整備費用
  2. 就業規則へのテレワーク制度整備
    • テレワークに関する規定を就業規則に定めることに要する専門家への委託費

※就業規則作成の参考資料については、テレワーク相談センターをご覧ください。

【テレワーク導入プランの掲載ページ】

VMware Horizon とは?

VMware が提供するデスクトップ仮想化のソリューションです。

もしPCや場所に縛られない働き方ができたら、業務継続のリスクを低減できると思いませんか?社内システムの近くに仮想デスクトップを配置し、PCからは仮想デスクトップに接続し、実際に作業を実施するのは仮想デスクトップ上の会社のデータを社外に持ち出せない、でも業務は継続する必要がある、そんな企業におすすめです。

関連情報

VMware Horizon Cloud on Azure とは?

VMware が提供するDaaS、Microsoft Azure 上に構成するため、Office 365 へ快適なアクセスや柔軟にリソースの変動を実施可能です。管理運用の基盤として大企業でも実績のあるVMware Horizonを利用することでセキュリティを堅固なものにします。パソコンにデータを保存できないポリシーとなっているなど、重要なデータを扱う企業におすすめです。

関連情報

VMware Workspace ONEとは?

VMware Workspace ONEはデジタルワークスペースを提供するプラットフォームです。1つの製品で端末管理、認証基盤、仮想化の機能を提供します。会社やご自宅、カフェなどの外出先のどこからでも同様のセキュリティに考慮された環境での業務を実現できます。

関連情報

お客様のテレワークセキュリティ要件に合わせた環境を提供

ヴイエムウェアは時間や場所にとらわれず従業員が快適に働ける環境を提供するデジタルワークスペースソリューションを展開しています。この機会にぜひ、ヴイエムウェア製品をご検討ください。

デジタルワークスペース導入のヒント

Q: テレワークで利用する端末は会社支給 or 従業員所有?

「はじめてテレワーク」を利用したVMware 製品/サービスの購入はデジタルテクノロジー株式会社様より提供となります。

おすすめ資料ダウンロード

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP