IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

サーバ3台から始めるVMware NSX (3/3)

2017/09/20

VMware NSXの活用で、ネットワーク作業の負担を大幅に軽減

 ネットワークの俊敏性を向上

VMware NSXの運用例として、サーバ仮想環境に新たなネットワークセグメントを調達する場合も、VMware vCenterに統合された管理画面からわずか2クリック、数分で作業を完了することができます。既存のネットワーク機器に一切触ることなく、他のシステムに影響を及ぼさないため、関連部門との事前調整も必要ありません。

slide-smb-nsx_07

マイクロセグメンテーションによるセキュリティ強化

新しいファイアウォールの設定に関しても同様です。これまでネットワーク管理者にとって特にACL(アクセス制御リスト)の設定/管理は悩みの種でしたが、VMware NSXを活用することで、シンプルかつスピーディに最新のセキュリティ設定を行うことが可能となります。

また、従来のように1台のファイアウォールを複数システムで共有する必要はなくなります。VMware NSXならでは各システム、さらには仮想マシン単位にファイアウォール機能分散配置したマイクロセグメンテーションも容易に実現することができ、セキュリティレベルを大幅に向上します。

仮想化のあるべき姿、真のハイパーコンバージドインフラへの一歩

VMware vSphereで構成された仮想環境に、ストレージ仮想化技術のVMware vSAN™を組み合わせたものがハイパーコンバージドインフラ(HCI)です。このHCIには、ネットワークの要素が含まれていません。HCIにVMware NSXを導入することで、「ネットワーク構成作業にまつわるリードタイムの圧倒的な短縮」「ネットワーク調達時や設定変更時の影響範囲を極小化し、作業効率を大幅に向上」「仮想と物理を問わないネットワーク環境の見える化を実現し、障害の未然防止やトラブル発生時の原因切り分け時間を短縮」「物理ネットワーク機器のオペレーションを激減させ、VMware vCenterからの一元管理による運用品質を向上」など、HCIに多くのメリットを得ることができます。

ハイパーコンバージドインフラはヴイエムウェアが提唱するSDDC(Software Defined Data Center)のコンセプトのまさに中核となるもので、将来のパブリッククラウドサービスとの接続を見据える上でも、早期にVMware NSXを導入しておくことが得策です。

slide-smb-nsx_08


本記事についての詳細や関連情報は、次の資料もご覧ください。

資料「VMware NSX -ネットワーク仮想化を提供する NSX for vSphere -」

本資料では、本記事で紹介した内容について、詳しく解説しています。

 

 

 

1 2 3

課題を解決一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード