IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

Office 365などのSaaS型アプリを より便利に、よりセキュアに活用 (3/3)

2017/02/14

SaaS型アプリ活用における「利便性」と「セキュリティ」を両立

セキュリティを強固にできたとしても、そのぶんユーザーの利便性が損なわれてしまったのでは意味がありません。VMware Workspace ONEは、トレードオフの関係にあったこの2つの条件を両立させる仕組みを提供しています。

「認証が面倒」への対策
シングルサインオン

シングルサインオンの仕組みを導入することで、アプリケーションごとに異なるパスワードでログインし直さなければならなかった手間を省き、ユーザーの利便性を向上することができます。
VMware Workspace ONEは、企業の認証情報と連携したシングルサインオンの仕組みを提供しており、利便性と同時に強固なセキュリティも担保します。

saas-secure_005

「端末からの情報漏えいが心配」への対策
モバイルアプリケーション管理

VMware Workspace ONE のMAM(モバイルアプリケーション管理)機能は、各ユーザーや任意のグループが利用できるアプリケーションをカタログ化して管理します。これによりSaaS型アプリについても、企業の管理下にあるサービス間のみでデータの共有(コピー&ペーストなど)を許可し、個人用アプリへの共有は禁止するといった制御が可能となります。

saas-secure_006

VMware Workspace ONEのアプリ利用でより強固なセキュリティを

VMware Workspace ONEからもメール、ソーシャル/チャット、コンテンツ共有/閲覧、セキュアブラウザなど、利用頻度の高いベーシックなアプリを提供しています。
こうしたVMware Workspace ONEのアプリとOffice 365をはじめとするSaaSアプリを適材適所で使い分け、あるいは連携して利用することで、ユーザーの利便性を向上すると同時により強固なセキュリティを実現することができます。

高い利便性とセキュリティを両立してはじめて業務を効率化し、ユーザーの生産性を高めることができます。そのために必要なソリューションをワンストップで提供できるのはヴイエムウェアのみです。ぜひVMware Workspace ONEの導入をご検討ください。

saas-secure_007


本記事について詳しくは、次の資料をダウンロードもご覧ください。

資料「SaaS型アプリをより便利にセキュアに活用する方法 Workspace ONEのご紹介」

本資料では、こちらの記事でご紹介した SaaS型アプリのセキュリティ面の課題と、VMware Workspace ONEによる解決方法を詳しく説明しています。

1 2 3

課題を解決一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

ニュースレターを購読する >

Instagramをフォローする >

RSSを登録して購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード