IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

VMware vRealize Operationsの一歩進んだ活用法 (1/3)

2018/08/01

仮想環境の最適な運用を実現するため、ヴイエムウェアではVMware vRealize™ Operations™という管理ツールを提供しています。SDDC(Software-Defined Data Center)のコンセプトに基づき、データセンター全体の仮想化されたインフラ運用の「品質向上」「工数削減」「改善のスピードアップ」を実現する2つの方法を紹介します。

仮想インフラの運用を最適化する2つの機能

VMware vRealize Operationsの一歩進んだ活用法として、「管理パック」と「カスタムダッシュボード」の2つの機能の活用をお勧めします。

VMware vRealize Operationsの基本機能

VMware vRealize Operationsを利用すると、仮想環境を管理する上で必要な情報をすぐに確認でき、必要に応じて管理情報をレポート出力できるようになります。
また、分析機能により、リソースの利用状況を可視化することができるので、不要なリソースの追加を削減することに効果を発揮できます。
ここでは基本機能の一つである標準ダッシュボードについてご紹介しましょう。
例えばVMware vSAN™に関係するトラブルで状態を確認したい場合は、[vSAN のトラブルシューティング] ダッシュボードを使用すると、vSAN クラスタのパフォーマンスと可用性に影響を与えている既知の問題について解決の糸口を見出すことができます。

  • 既知の問題をリスト表示
    ダッシュボードでは、vSAN クラスタのプロパティと、クラスタのホスト、ディスクグループ、vSAN データストアのアラートを動的に確認できます。アラートでは、データストア、ディスクグループ、物理ディスク、vSAN クラスタの仮想マシンの既知の問題をリスト表示します。
  • 使用率やパフォーマンスの表示
    過去24時間のクラスタの使用率やパフォーマンスを表示します。
  • 物理的な問題の表示
    ヒートマップから、ドライブの摩耗、ドライブ温度、読み取り/書き込みエラーなどのキャパシティとキャッシュディスクに関する物理的な問題についての確認することができます。

「管理パック」と「カスタムダッシュボード」に注目

データセンターのインフラを構成するのはサーバだけではありません。
VMware vRealize Operationsが提供する「管理パック」を利用すれば、ストレージやネットワークを含む物理的なコンポーネントも同じダッシュボード上で一元的に管理できます。また、「カスタムダッシュボード」は、企業ごとに異なる運用プロセスやポリシーに合わせた管理手順のカスタマイズを実現します。

次ページ以降、管理パックとカスタムダッシュボードのより詳しい解説を行います。
※管理パックとカスタムダッシュボードは、VMware vRealize Operations Advanced Editionで利用可能です。

1 2 3

課題を解決一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード