課題を解決

マルチクラウドに対応した
ソフトウェア定義のロードバランサー
NSX Advanced Load Balancerで実現する
アプリケーションの最適化と可視化(1/3)

2020/04/23

ヴイエムウェアでは様々なデータセンターのリソースを仮想化することで、特定の環境に依存することなく、仮想マシンの迅速な展開や運用管理を実現するSDDC(Software-Defined Data Center)を提唱しています。SDDCは、サーバ仮想化を担う「VMware vSphere®」、ネットワーク仮想化を担う「VMware NSX®」、ストレージ仮想化を担う「VMware VSAN」、およびそれらを統合管理する「VMware vRealize® Suite」で実現しています。これにより、仮想マシンを迅速に展開することができる環境はできましたが、アプリケーションを利用するユーザから見るといかがでしょうか?ユーザは、仮想マシンがどのように稼働しているかは気にしておらず、必要な時に必要なコンテンツを正しく見ることができるかがポイントになります。このページでは、ハイブリッドクラウドにおける、コンテンツ配信を担う『VMware NSX® Advanced Load Balancer』を紹介します。

従来型ロードバランサーの課題

ロードバランサーがDXの大きな障害に

これまでロードバランサーは、専用ハードウェアまたは仮想アプライアンスで提供されてきました。多くの企業でロードバランサーは、アクティブ/スタンバイ構成で導入され、テナントやシステムごとに設計/構築されています。

しかし、デジタルトランスフォーメーション(DX)が加速する現在、企業にはアプリケーションのより迅速な展開やモダナイズ(近代化)など技術の進化に追従するだけでなく、運用負荷の低減、コスト削減などが同時に求められています。そのような状況において手動で管理する必要のある従来型のロードバランサーには、拡張性や俊敏性、柔軟性などあらゆる観点からの課題が顕在化しています。

専用ハードウェア/仮想アプライアンスでは解決できない課題

従来型のロードバランサーでは、下記のような問題点が挙げられます。

  • キャパシティ管理

    従来、別々にアプリケーションの負荷分散を管理しているため、余剰しているリソースを他のシステムで転用することはできません。そのため、システムでリソースが不足してアプリケーションのレスポンスが低下しても、負荷を分散することができません。

  • 分散したロードバランサーの管理

    中央集中管理ができない、従来型のロードバランサーは、様々なポイントで大きな運用負荷となっています。たとえばソフトウェアのアップデート作業も、システムごとにアクティブ/スタンバイ構成されているアプライアンス1台1台に対して個別に行わなくてはなりません。

  • 多様なアプリケーション動作環境

    従来型のロードバランサーは、物理ネットワーク上で利用することが想定されており、仮想環境や、コンテナ環境で容易に動かす際にはネットワークを考慮する必要があります。
    それだけでなく、パブリッククラウド上で動かす際には、それぞれのクラウドサービスの仕様に従ったものをそれぞれに展開する必要が出てきます。

パブリッククラウドにおけるロードバランサーの課題

多くのパブリッククラウドでは、ロードバランサーがサービスとして提供されています。しかし、これらのロードバランサーは事業者ごとに機能や仕様が異なります。また、その事業者のクラウド内で利用することが想定されており、オンプレミスおよび複数のクラウド事業者をまたぎ、全体で一貫したアプリケーションの配信やトラフィックの制御を実現することは困難です。

一方で、様々な従来型ロードバランサーの仮想版をパブリッククラウド上で稼働させることも可能です。これにより、ロードバランサが従来持っていた機能を利用することができるようになりましたが、パブリッククラウド基盤の特徴である柔軟性がある、自動化に適した形態での利用はできません。

クラウド環境への移行を検討するにあたり、実現できることの差分や自動化が十分に行えないことにより、オンプレミスからクラウドへの移行が遅延、もしくはそもそもプロジェクト自体が中止に追い込まれるリスクもあります。

おすすめ資料ダウンロード

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP