課題を解決

多様な働き方を支えるデジタルワークスペース基盤
VMware Workspace ONEとは(3/3)

2019/09/06

VMware Workspace ONEの導入&運用

VMware Workspace ONEが提供する価値とは

VMware Workspace ONEは、モバイルやWindows 10端末の管理からスモールスタートし、データセキュリティやアプリケーション管理、統合エンドポイント管理、仮想デスクトップまで、デジタルワークスペースの柔軟な拡張を図っていくことができます。

これにより一人ひとりの社員の生産性向上、IT活用におけるコスト削減やセキュリティ強化など、企業価値の向上に貢献します。

VMware Workspace ONEのライセンス体系

VMware Workspace ONEには、用途に応じた4つのエディションが用意されています。

最も基本的なサービスであるStandardエディションでは、端末管理(MDM)のほかシングルサインオン、多要素認証、アプリケーションカタログといった機能を利用することが可能。さらにAdvancedエディションを導入した場合は、機密情報への条件付きアクセス(リスクベースのコンディショナルアクセス )、モバイル用セキュアアプリケーション(Boxer、Content 、セキュアWebブラウザ)、アプリケーション単位のVPN、テレコム管理など、より高度な機能を利用することができます。そして仮想アプリケーションや仮想デスクトップなどの機能も利用したい場合は、その上位エディションであるEnterpriseやEnterprise for VDIをご利用いただくことになります。

なお、いずれのエディションもクラウドサービスとして提供されており、サブスクリプションモデルでご利用いただけます。

VMware Workspace ONEにご関心をもっていただけたなら、ぜひフリートライアルをお申込みください。

フリートライアルにはMyVMwareのアカウントが必要になります。フリートライアルの申し込み手順についてはこちらに資料をご用意しております。

Workspace ONE フリートライアル 申込方法・ 注意事項について


ハンズオン ラボで製品を無償評価

製品やソリューションの無償評価は、ハンズオン ラボをご利用ください。ハンズオン ラボは、Webから登録するだけですぐにお試しいただけます。インストールは不要です。

VMware Workspace ONE Lightning ハンズオン ラボ: HOL-1951-91-VWS-JP-MYVMW-HOL(30分)

Workspace ONE の SaaS アプリケーションとの統合、および Workspace ONE Unified Endpoint Management(統合エンドポイント管理)について 30 分間で学習します。

ハンズオン ラボで無償評価

おすすめ記事

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連情報

TOP