課題を解決

多様な働き方を支えるデジタルワークスペース基盤
VMware Workspace ONEとは(1/3)

2019/09/06

デジタルワークスペースを具現化するVMware Workspace ONE

モバイルやクラウドのメリットを最大限に享受し、あらゆるアプリケーションをあらゆるデバイスで活用することによる柔軟な働き方や、多様なデバイスやOSの統合管理による効率化とコスト削減などを実現。企業価値の向上にダイレクトに貢献するデジタルワークスペースの基盤として、ヴイエムウェアはVMware Workspace ONEを提供しています。

デジタルワークスペースへのビジョン

VMware Workspace ONEはデジタルワークスペースを提供するプラットフォームです。

ここでいうデジタルワークスペースとは、そもそもどんな価値を企業に提供するものなのでしょうか。ヴイエムウェアでは、「クラウドネイティブアプリ、SaaSまであらゆるアプリケーションを、スマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスの違いを問わずに活用できる環境を提供していく」というビジョンを掲げています。まさにこのビジョンを具現化するのが、VMware Workspace ONEを通じて提供するデジタルワークスペースなのです。

「コンシューマー製品のようなシンプルで使いやすい操作性」と「エンタープライズクラスのセキュリティ」という、これまで相反すると考えられていた2つの価値を両立。利用するデバイスに関係なく用意されたアプリケーションカタログに対して、シングルサインオンによる安全なアクセスを実現します。

VMware Workspace ONEが提供する3つの主要機能

VMware Workspace ONEは以下のような3つの主要機能から構成されています。この3つの機能を同一のプラットフォーム上で、クラウドサービスとして提供していることがVMware Workspace ONEの強みです。

  1. 端末管理
    一般的にMDM(モバイルデバイス管理)と呼ばれている機能で、統合された単一の管理者用コンソールのもと、多様なモバイルデバイスをシンプルかつ一元的に管理することができます。個々のデバイスに対しての運用ポリシーやプライバシーの設定・変更を一元的に適用されるため常にセキュアな状態を保ちます。
    なお、VMware Workspace ONEの端末管理は、iOSやAndroidはもちろん、Windows 10やMac OS、Chrome OSにも対応しています。
  2. 認証基盤
    クラウドアプリやモバイルアプリ、VDIへの認証とシングルサインオンの機能を提供します。さらに、認証においては、デバイス種類(社給か私物か)や、ネットワーク接続元(社内か社外か)、セキュリティポリシーを遵守しているか、どのアプリケーションにアクセスするのか、といった条件に応じて、リアルタイムに端末の状況を分析しアクセス許諾を行う「コンディショナルアクセス」機能を併用することで、より高セキュリティな環境を実現できます
  3. 仮想化
    VMware Horizon®によって提供されるVDI(デスクトップ仮想化)やRDSH(アプリケーション仮想化)などの仮想化機能も1つのアプリケーションと位置づけ、デジタルワークスペースのアプリケーションカタログに登録して利用することができます。

おすすめ記事

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連情報

TOP