課題を解決

物理構成WANの課題を3つのアプローチで解決 ~クラウド活用の拡大に伴いSD-WAN時代が始動~(3/3)

2019/10/09

SD-WAN環境全体をGUIで一元管理

ゼロタッチ・プロビジョニングでSD-WAN環境を構築

さらに相浦氏が言及するのが、VMware SD-WAN by VeloCloudによってWANの運用管理が飛躍的に容易になるというメリットです。

基盤となっているのが「VMware SD-WAN Orchestrator」というコンポーネントで、SD-WANの環境全体をWebブラウザベースの画面で一元管理します。たとえば複数の拠点に展開するVMware SD-WAN Edgeの設定を、本社側からVMware SD-WAN Orchestratorを介して一括して行うことができます。

「これにより各拠点の担当者は、VMware SD-WAN Edgeをネットワークに接続するだけですぐに使い始められる、いわゆるゼロタッチ・プロビジョニングでSD-WANを構築できます。また、従来のルーターの設定はコマンドラインで行うため高度なスキルが要求されましたが、これに対してVMware SD-WAN Edgeの設定はすべてGUIで行うことが可能で、運用管理のハードルを下げると共に作業負担を軽減します」(相浦氏)

SD-WANの運用状況を可視化して柔軟な運用を支援

VMware SD-WAN OrchestratorのGUIには、識別されたアプリケーションごとの利用状況やトラフィック、端末の設置場所、回線の利用状況などがすべて可視化されるほか、ログイン履歴やアラート情報、イベント情報などのログも証跡として残されます。

これに基づきSD-WANの運用管理者は、必要に応じて通信経路の設定変更や特定アプリケーションのQoS、端末アクセス制御などを実施することができます。

「このユーザーフレンドリーなインターフェースを通じて、拠点の拡大やネットワーク回線の拡張にも容易に対応できます。煩雑なネットワークの運用管理から脱却し、ビジネスで必要とされる快適なITサービスを、各拠点に迅速に展開することが可能となります」と相浦氏は、VMware SD-WAN by VeloCloudを導入することの意義を強調。そして、「ネットワールドでは、SD-WANに対する市場のニーズにお応えするために、VMware SD-WAN by VeloCloudに関する技術支援を拡充しております。機器選定のアドバイスをはじめ、検証のご支援、本番環境への導入支援といったサービスを提供していますので、お気軽にご相談ください」と訴求します。

ネットワールドのVMware SD-WAN by VeloCloud詳細ページはこちら

VMware SD-WAN by VeloCloudのビジネスを主導するネットワールドの中心メンバー


本記事について詳しくは、次のダウンロード資料をご覧ください。

VMware SD-WAN by VeloCloud 概要 ~ SD-WAN が何を解決するのか?!~

資料「VMware SD-WAN by VeloCloud 概要 ~ SD-WAN が何を解決するのか?!~」ダウンロード

本資料は、この記事の内容を補足するスライドです。従来のネットワークの構成と顕在化した課題、そしてこれらを解決するソフトウェア定義による広域ネットワークの基本的な考え方と、その実装まで、記事と併せてご覧ください。

ダウンロードはこちら

おすすめ資料ダウンロード

最新の「課題を解決」

人気の記事

関連する記事

関連する資料ダウンロード

関連するセミナー

関連情報

VMware 認定ディストリビューター情報

TOP