IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

標的型攻撃 内部対策 「侵入防止」から「拡散防止」へ:次世代ネットワークセキュリティセミナー ~ゼロトラスト モデルを実現するマイクロセグメンテーションとは~【大阪開催】

開催日時
2015年5月29日(金)15:00~17:30 (受付開始14:45)
会場
梅田:ヴイエムウェア株式会社
大阪オフィス トレーニングルーム
会場住所
〒530-0017 大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー25階
主催
ヴイエムウェア株式会社
対象
●企業内のセキュリティ全般の管理者・ご担当者、企業内のクラウドインフラ/ ITインフラ企画のご担当者
●企業内のITインフラ管理者、ネットワーク管理者
定員
16名
参加費用
無料(事前登録制)
概要
多くの企業・団体がセキュリティ強化の対策をとりつつも、攻撃手法も日々進化しており、セキュリティを取り巻く課題は増加傾向が続いています。
標的型攻撃など高度な攻撃が増加してきた今、これまでの「侵入防止型セキュリティモデル」では被害拡大を防げません。欧米では、情報漏えい事故後、たとえ侵入されても被害を最小限に抑える「拡散防止型セキュリティモデル」が注目を集めています。
本セミナーでは、「拡散防止型セキュリティモデル」の考え方とメリット、
セキュリティゾーンを仮想マシン単位にまで最小化したマイクロセグメンテーションによるセキュリティ強化手法や、セキュリティベンダーとの連携による次世代ネットワークセキュリティについて、実際のユースケースやデモを交えてご紹介いたします。

14:45- 受付開始
15:00 – 15:30 サイバーセキュリティを取り巻くトレンドと課題
15:30 – 16:30 ネットワークの仮想化で実現する
拡散防止型セキュリティモデルのメリット
休憩(10分)
16:40 – 17:10 デモで解説、
マイクロセグメンテーションによる拡散防止型セキュリティ
17:10 – 17:30 Q&A、個別相談会

※本セミナーはユーザー企業の方を対象としております。販売する立場の企業、関連製品提供企業、競合企業所属の方はお申し込みをお断りする場合がございますので、予めご了承ください。
※お断りさせていただく場合には、セミナー開催5営業日前までにEメールにてご連絡させていただきます。

詳細とお申込みURL
http://info.vmware.com/content/apac_jp_c_micro-seg?src=itw_jp

セミナー一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード