IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

VMwareの仮想化で実現する事業継続(BCP)・災害対策ガイド

2014/03/01

事業継続/災害対策性の向上は、サーバ仮想化の大きなメリットです。 VMware は、シンプルで信頼性の高い製品、VMware vCenter Site Recovery Manager(SRM)で、実際の復旧で必要となる、プランニング、テスト、実行の自動化など豊富な機能を統合して提供しています。
本資料では、VMwareが提案する事業継続・災害対策の概要、耐障害性を高める上で考慮すべきポイント、実際にリカバリ機能を実行して価値を実感されたお客様の声をまとめております。 是非ご覧ください。

以下の内容をまとめてダウンロードいただけます。

ホワイトペーパー

  • リスク管理における仮想化の重要性
  • Forrester – 2011 年の日本の危機から学んだ教訓
  • 仮想化で災害対策をする時に 考慮しなければならない 10のポイント
  • Technical Tips:VMware vCenter Site Recovery Manager
  • 仮想化された重要なアプリケーションのビジネス 継続性とディザスタ リカバリ

製品データシート

  • VMware vCenter Site Recovery Manager 5.5

事業継続・災害対策お客様事例

  • 三井住友アセットマネジメント株式会社様
    VMware vCenter Site Recovery Managerにより、BCP 環境の実効性を向上。Disaster Recovery サイトへの切り替え時間を1週間から1日に短縮
  • テュフ ラインランド ジャパン株式会社様
    東日本大震災において、横浜で稼働する顧客の重要データを保存している約15台の仮想 サーバをわずか30分で大阪のDRサイトにフェイルオーバーを実行
  • 日本通運株式会社様
    インフラ全体最適化プロジェクトにて災害対策も実施。SRMを採用し DRサイトへの切り替え時間を4分の1に短縮。

資料ダウンロード一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード