IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

リスク管理における仮想化の重要性
〜ビジネス継続性とディザスタ リカバリの手引き〜

2014/01/01

リスク管理における仮想化の重要性ITの障害は、全世界において総計で数十億ドルの損失の原因となっています。また、計画外のダウンタイムは、財政面に間接的な影響も与えます。システムダウンによりビジネスを継続できないとお客様が判断すれば、競合他社とのビジネスの開始を検討するでしょう。 2012年に世界中で大規模なデータ損失を被った企業の損失額は平均で182,242ドルでした。 大規模なデータ損失を被った企業のうち、60%が6か月以内にビジネスを終了する結果となっています。
本資料では、企業におけるITの計画外のダウンタイムによる損害を最小限に抑えるための戦略とソリューションについて説明しています。

資料ダウンロード一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード