IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

デスクトップ仮想化に移行するタイミング:
7つのポイント

2013/05/01

デスクトップ仮想化に 移行するタイミング: 7つのポイントVMware vSphere®を使用したサーバ仮想化によりデータセンターを統合すると、物理スペースの節約、電力および冷却コストの削減、管理コストの低減など、多くのメリットが得られます。また、デスクトップ仮想化でエンドユーザーシステムにも同様の基本的戦略を適用することで、より多くのメリットを享受できます。 購入、保護、管理、およびアップグレードを必要とするデバイスの数と種類を考慮すると、VMware Horizon View™による仮想デスクトップインフラストラクチャの実装を検討する時期が来ているのではないでしょうか。このアプローチでは、機能豊富でカスタマイズされた仮想デスクトップコンピューティング環境をユーザーに提供します。また、管理者は管理の統合および自動化を実現できます。 問題は、仮想デスクトップインフラストラクチャに移行するタイミングをどのように見極めるかということです。このホワイトペーパーでは、組織がデスクトップ仮想化を検討する時期であるかどうかを判断するための7つのポイントをご紹介します。

資料ダウンロード一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード