IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

テクニカルホワイトペーパー
VMware View® 5 のパフォーマンスとベスト プラクティス

2012/06/01

「VMware View® 5 のパフォーマンスとベスト プラクティス」View 5 と vSphere 5 を組み合わせると、ユーザ使用環境および統合率が大幅に向上すると同時に、 帯域幅の使用量が大幅に削減されます。この文書では、View で実現された PCoIP 可逆圧縮アルゴ リズムの機能拡張とクライアント側イメージ キャッシュのサポートを組み合わせることにより、 以前のリリースの View と比べて WAN および LAN 環境の帯域幅が最大 75 % 削減される仕組みに ついて説明します。
また、View 5 を使用して、ほかの VDI ソリューションよりも優れたユーザー使用環境を実現する 方法についても説明します。View 5 では、すべてのネットワーク構成で、帯域幅および CPU リソースの消費量を Microsoft RDP7 よりも大幅に削減し、Citrix HDX と同等の帯域幅を維持します。さらに、ユーザーが VDI 環境を最大限に活用するための環境変数や VDI のベスト プラクティスをご説明します。View 5 PCoIP プロトコルは、ネットワークや CPU の制約を変更しても動的 に対応できるため、追加設定なしで優れたユーザー使用環境を実現できます。

 

資料ダウンロード一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード