IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

教育機関・自治体向け
デスクトップ仮想化のすすめ 〜クライアント環境の”当たり前”を変える仮想デスクトップ〜

2012/04/01

<教育機関・自治体向け>デスクトップ仮想化のすすめ〜クライアント環境の”当たり前”を変える仮想デスクトップ〜昨今、急速にクライアントの仮想化が進んでいます。その理由を述べる前に、そもそも仮想デスクトップとはどのようなものかを考察したいと思います。
サーバーの仮想化といえば、どのようなものかを想像できる時代になってきたかと思います。1つの物理サーバー上に複数の仮想マシンを動作させ、高性能化するハードウェアの余剰リソースを効率良く利用し、ITシステムに掛けるコストを削減するための方法です。デスクトップ仮想化も基本的には同じです。1つの物理サーバー上に複数のデスクトップOSを稼動させます。 通常のクライアント環境と異なるのは、画面操作方法です。今までのクライアント環境は、自分の目の前のPCにOSが入っていて、それを操作していました。デスクトップを仮想化すると、サーバー側にそれぞれのユーザーのPCが存在しています。そのため、仮想化されたデスクトップからその画面だけを各ユーザーのアクセス端末に送信する形になります。

 

資料ダウンロード一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード