導入について

VMware Certified Professional 認定ポリシー変更と資格保有者にもたらされるベネフィット

2019/03/05

2019年2月4日(米国時間)、VMware Certified Professional、通称VCP資格のポリシー変更に関するアナウンスが全世界に向けて発信されました。以前よりVCP資格の西暦対応が発表されていましたが、これに加え新たに2つのルールが定められました。3つの変更点とベネフィットについて、改めてご案内いたします。

VCPのバージョンが西暦対応に

2019年より全てのVCP資格は取得した西暦がバージョンとして記載されるように変更となりました。この変更によって資格保有者の認定時期が明らかになり、最新技術保有者を明確化することが可能となります。

例) 2019年にVCPを取得した場合:VCP – 2019

また、今後は試験と認定されるVCPが1:1ではないことが起こり得ます。

vcp-certification-policy_s-01

2年毎の更新ポリシー廃止

本アナウンス後に取得したVCPには有効期限が設定されず、認定資格を確認いただけるCertification Manager 内の有効期限は今後、『Never』と表示されます。

VCPは今まで2年毎に更新(再認定)を受けることが保有継続の要件となっていましたが、今後は一度取得したVCPは永久ライセンスとして保有いただけることとなりました。
しかしながら、今後トレーニングの再受講を必要とせず試験のみでVCPのアップグレードを目指す場合、同一ソリューショントラックで3バージョン以内、異なるソリューショントラックで2バージョン以内というルールが設定されました。

上位バージョンへアップグレードを希望する場合の制約や知識・技術の維持という観点から、VMwareとしては最新バージョンもしくは1つ前のバージョンのVCP資格を保有いただくことを推奨いたします。

トレーニングコース受講せずアップグレード可能な範囲

  • 同一ソリューショントラック : 3 バージョン以内
  •  異なるソリューショントラック: 2バージョン以内

アップグレード可能な組み合わせ (同一ソリューショントラック)

 

失効したVCPがRollback

過去取得し失効してしまったVCPが全て復活(Rollback)します。Certification Managerへの反映は4月以降を予定していますので、該当される方は後日ご確認をお願いいたします。

この仕様変更を利用して、復活したVCPから上位バージョンへのアップグレードが可能となります。

例えばVCP5-DCVやVCP6-DCVを失効してしまった方は、4月以降最新のVCP試験の合格を持ってVCP-DCV 2019へアップグレード可能です。この場合トレーニングコースの受講は必須ではありませんので、非常にチャレンジしやすいのではないかと思います。

2018年8月4日以降に失効したVCPを再取得した方への特典

下記ご案内でアナウンスを行っておりますが、条件に当てはまる方は、『VMware Learning Zone Premium License』を無償でご利用いただけます。

  • VMware Recertification Rollback
  • 権利申請条件:2018年8月4日以降、失効したVCP再認定のためトレーニグコース受講、vSphere Foundations試験とVCP試験に合格した方
  • 申請方法:該当者にはVMware海外チームより、3月中に英文メールが送信されます。
    メールに記載された申請方法に従ってお手続きをお願いいたします。

今回のポリシー変更に伴う、VCP保有者にもたらされるベネフィット

  • VCP認定時期と最新技術保有者の明確化
  • 取得済みVCP資格の永久保有(ただしアップグレードには制約あり)
  • 失効したVCP復活により、最新バージョンのVCP取得が可能に(バージョンによる制限あり)

VCP認定ポリシー変更ならびにアップグレードパスの詳細につきましては、以下Blog記事でもご紹介していますので是非ご参照ください。

おすすめ記事

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「導入について」

人気の記事

関連情報

TOP