導入事例

【VMware Cloud on AWS 導入事例】 株式会社ゼンリンデータコム 様

2019/11/13

ITインフラのフルクラウド化に向けて、既存システムを
VMware Cloud on AWSに安価に移行
ネイティブなAWSとのハイブリッドクラウドも実現

「ITインフラのフルクラウド化にあたり、AWSのインスタンス上でVMwareの仮想マシンがそのまま稼働できるVMware Cloud on AWSのリリースは、私たちにとって大きな朗報でした。これにより、アプリケーション修正・開発の必要がなく、運用も変える必要がないので、大幅なコスト削減、管理工数の削減が実現します」

株式会社ゼンリンデータコム 取締役 執行役員 技術本部長 奥 正喜 氏
株式会社ゼンリンデータコム
取締役 執行役員
技術本部長
奥 正喜 氏
株式会社ゼンリンデータコム 技術本部 副本部長 兼 技術統括部長 兼 先端技術推進室 城戸 拓也 氏
株式会社ゼンリンデータコム
技術本部 副本部長
兼 技術統括部長
兼 先端技術推進室
城戸 拓也 氏
株式会社ゼンリンデータコム 技術本部 技術統括部 副部長 渡邊 大祐 氏
株式会社ゼンリンデータコム
技術本部
技術統括部
副部長
渡邊 大祐 氏

課題

  • ITインフラのフルクラウド化
  • クラウドのメリットを活用したサービスインフラの柔軟性の向上
  • 既存システムのクラウド移行に伴うコストの削減
  • クラウド移行に伴う開発負荷の軽減

導入効果

  • VMware Cloud on AWSによるITインフラの優れた柔軟性、スケーラビリティの確保
  • オンプレミスのハードウェアコストと管理工数の削減
  • オンプレミス環境からの安価なサーバ移行の実現
  • AWSのベアメタルサーバによるストレージI/O性能の向上

地図データの持つ可能性を追求した多彩なサービス提供で知られる株式会社ゼンリンデータコム。ITインフラのフルクラウド化に向けて、さまざまな施策に取り組んできた同社では、リリースされたばかりのVMware Cloud on AWSにいち早く着目。国内企業に先駆けて2度にわたるPoCを実施し、2019年2月から既存の開発環境の移行を開始しました。現在は約1,800台の仮想マシンのうち約700台が移行済みで、2020年12月までにはすべての移行を完了し、段階的なコスト削減効果を見込んでいます。

優れた柔軟性、スケーラビリティを評価しITインフラのフルクラウド化に着手

「ネットサービス」「モバイルサービス」「ITS」の3つの領域で地図データを活用した事業を展開するゼンリンデータコム。近年はAIを活用した渋滞・行動予測、自動運転支援、ドローンなど、私たちの未来の生活を支える先進的なサービスを通じて、ますます事業を活性化させています。

こうした事業を支えるITインフラについて、技術本部 副本部長 兼 技術統括部長 兼 先端技術推進室の城戸拓也氏は次のように話します。

「Webサーバ、APサーバ、DBサーバ、検索/地図生成用のEngineサーバといったハードウェアからOS、ミドルウェアまで、技術統括部では広範なインフラの管理を行っています。従来は開発部門からの委託を受けて環境を提供していましたが、近年は提案型にシフトし、ビジネスの変化のスピードに追随するための新技術の活用を積極的に促しています」

全社のITインフラ改革にも2012年頃から着手し、VMware vSphereを用いた物理サーバの仮想化に加えて、一部の商用サービスやAPIをアマゾン ウェブ サービス(AWS)のクラウドサーバ(Amazon EC2)に切り替えるなどの取り組みを進めてきました。取締役 執行役員 技術本部長の奥正喜氏は、クラウドの持つ可能性を次のように評価します。

「アクセスがピーク時のトラフィックにも柔軟に対応できる環境整備は、継続的な事業課題の1つでした。AWSはそのための手段の1つですが、2018年までにすべての物理サーバを仮想サーバとクラウドサーバに完全集約し、2020年以降に向けた中長期のITインフラ計画を検討した結果、AWSの柔軟性、スケーラビリティを評価し、フルクラウド化の方針を決定しました」

国内ユーザーに先駆けてPoCを実施安全な移行を実現するVMware Cloud on AWS

とはいえ、既存システムをそのままAWSに移行する場合、OSやミドルウェアのバージョンアップ検証、プログラムの改修・動作検証など、膨大なコストと開発負荷が発生します。こうした中、AWS上でVMware環境(vSphere、VMware vSAN™、VMware NSX®)が稼働するVMware Cloud on AWSのリリースが発表されたことから、ゼンリンデータコムはPoCプログラムへの参加を国内企業に先駆けて決定しました。この決定について、技術本部 技術統括部 副部長の渡邊大祐氏は次のように説明します。

「大きなコストをかけずに既存システムを安全に移行できることは、当社にとって最大のメリットでした。また既存の人的リソース、運用の仕組みなどの資産を活かしつつ、ハードウェアの管理から解放されるクラウドのメリットを得られることも魅力でした」

同社が既存のオンプレミス環境にVMware vRealize Operations Managerを導入済みで、リソースの可視化が実現できていたことも、VMware Cloud on AWSの採用に伴うコスト試算に役立ったといいます。

PoCは計2回実施。1回目は2018年1月から3月までオレゴンリージョンの環境を利用し、オンプレミスのVM環境が問題なく稼働するかどうかを確認しました。2回目は2018年10月から12月まで、東京リージョンの環境を用いて移行に必要な機能の検証を重点的に実施しています。

「仮想マシンの移行に向けては、VMware Hybrid Cloud Extension(HCX)の機能を中心に確認しました。その中で、同一サブネットのL2延伸、大量の仮想マシンを移行するBulk Migration、WAN最適化機能によるvMotionの時間の短縮、vSphere HAによる障害の自動復旧などを検証し、1回目のPoCからの機能強化も確認できたことから、VMware Cloud on AWSの採用を決断しました」(渡邊氏)

設計やサービス仕様に関する支援をプロフェッショナルサービスに要請

プロジェクトは2019年1月にキックオフ。設計や基盤構築を経て、4月から仮想サーバ上で稼働している開発環境の移行に着手しました。その後は本番環境の移行も進め、2019年7月時点で8ノードのベアメタル上に開発環境の仮想マシンが約400VM、本番環境の仮想マシンが約300VM、合計約700VMの移行が完了しています。

IPアドレスを変更せずに開発環境の移行が行えるL2延伸とvMotionの利用、本番環境の移行は既存のオンプレミス環境と並行稼働させるためにコールドマイグレーションを選択。本番環境は開発部門に引き渡し、システム開発が終了した時点でオンプレミス環境からVMware Cloud on AWSに切り替える段取りです。

PoCの実施や仮想マシンの移行では、VMwareのプロフェッショナルサービス(PSO)とカスタマーサクセスマネージャー(CSM)※を積極的に活用。現在も継続的に支援を受けながら、プロジェクトを進めています。

「PSOには、VMware Cloud on AWSのサービスを導入するにあたってのサービス仕様に関するアドバイスや詳細設計の支援をお願いしています。また、CSMを通じてVMwareの米国の開発部隊に機能追加の要望などを伝えることができる点は、たいへん心強いです」(渡邊氏)

クラウドの価値を引き出すハイブリッド運用サーバコストの削減効果にも大きな期待

VMware Cloud on AWS上で稼働している仮想マシンは性能が向上し、ベンチマークでもストレージのI/O性能で高い数値を得ています。またサーバのコストについては、現時点ではオンプレミスとの二重管理が発生しているものの、2020年12月に完全移行を終えた後は、確実なコスト削減効果を見込んでいます。

「VMware Cloud on AWS上で提供するサービスが増えるにつれて、累積的にコストメリットが出てくると考えています。もしVMware Cloud on AWSでなかったら、開発コストも現在の2倍、3倍はかかっていたかもしれません」(奧氏)

ゼンリンデータコムでは、今後もネイティブのAWSとVMware Cloud on AWSをハイブリッドで運用していく方針で、革新的なサービスにはAWS、安定性を求めるサービスにはVMware Cloud on AWSと、それぞれの特性に合わせてクラウドの価値を最大限に引き出していく考えです。

VMwareに対しては、新技術に対する的確なサポートを高く評価しており、城戸氏は「今後もフルクラウド化に向けた柔軟な対応を期待しています」と語っています。

国内ユーザーの中でもいち早くVMware Cloud on AWSがもたらす価値に着目し、本番環境の移行に踏み出したゼンリンデータコム。この同社のチャレンジは、同じ目標を掲げる多くのVMwareユーザーにとって、貴重な先行モデルとなるはずです。

VMware Cloud on AWSの東京リージョンを利用したPoC環境の概要
図:VMware Cloud on AWSの東京リージョンを利用したPoC環境の概要


お客様情報

お客様名 株式会社ゼンリンデータコム
WEBサイト https://www.zenrin-datacom.net/
概要 ゼンリングループの地図資産をベースに各種検索エンジンやコンテンツデータを組み合わせて、地図・ナビゲーションサービスを提供。個人向けには地図ナビゲーションの「いつもNAVI」、ビューティーサロン情報の「tredina」などのサービスを展開。法人向けでは、地図のAPI提供、動態管理支援、インバウンドソリューション、位置情報解析支援など地図を利用した開発業務を行っている。
導入環境
  • VMware Cloud on AWS
  • VMware Hybrid Cloud Extension
  • VMware vRealize® Operations
  • VMware vRealize® Log Insight
プロフェッショナル
サービス
  • ハイブリッドクラウド設計・運用実装設計支援
  • ハイブリッドクラウド構築/テスト支援
  • ハイブリッドクラウド運用フォローアップ

※本文中に記載されている会社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。
※本記載内容は取材時のものです。

おすすめ記事

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「導入事例」

人気の記事

関連情報

TOP