導入事例

【VMware NSX導入事例】 有限会社ヤングライフプロポーサル 様

2019/10/30

煩雑な社内ネットワークをVMware NSXでシンプル化、
仮想インフラの管理を効率化しつつユーザーの利便性も向上

「煩雑だったネットワーク管理がNSXでシンプル化されたことで、問題が発生した際の障害ポイントの特定にもほとんど時間がかからなくなりました。vCenterで管理されている仮想マシンを直接指定し、ポリシー制御することも可能です。サーバ構築やネットワーク機器といった担当を問わず、誰でも同等の品質でネットワークの設計・構築・管理ができるようになったという点で、非常に大きな効果があらわれています」

有限会社ヤングライフプロポーサル 技術部1課 リーダー 櫻井 友也 氏
有限会社ヤングライフプロポーサル
技術部1課
リーダー
櫻井 友也 氏
有限会社ヤングライフプロポーサル 技術部2課 サブリーダー 山本 啄也 氏
有限会社ヤングライフプロポーサル
技術部2課
サブリーダー
山本 啄也 氏
有限会社ヤングライフプロポーサル 技術部1課 藤田 優貴 氏
有限会社ヤングライフプロポーサル
技術部1課
藤田 優貴 氏

導入前の課題

  • 検証環境と業務環境が完全に分離できていなかった為、試験が業務環境に影響をおよぼしてしまう可能性が内在
  • 社内ネットワークのセキュリティ強靭化と実現方法の確立

導入効果

  • 業務ネットワークと開発系ネットワーク(検証環境)を完全に分離
  • サーバ担当のエンジニアも便利かつ安全にネットワークを扱うことが可能
  • ネットワークの利用目的ごとにエッジルータを分離して接続ポリシーを設計

開発系ネットワークで発生した障害が業務系に及ぶこともあった

名古屋市に本社を構える有限会社ヤングライフプロポーサル(以下、YLP)は、企業内ネットワーク(LAN/WAN)、セキュリティゲートウェイ、サーバなどの構築をメインとする事業を展開し、テレビ放送やISP(インターネットサービスプロバイダ)、大学・文教関連を中心に実績を拡大しています。

このビジネスの根幹にあるのは、2004年の設立時から一貫して取り組んでいる「時間創造」というテーマです。同社 技術部1課のリーダーである櫻井友也氏は、「当社にとってITとは、時間を創造するための手段です。ITを活用することで効率化を図り、お客様の自由時間を1時間でも多くすることができれば、昨今世間で叫ばれている働き方改革も自ずと為すことができます。」と話します。

ただ、自社内のITおよびネットワーク環境に目を向けると、顧客に提案しているような効率化を徹底できているとは言い難い状況にありました。同社は「自ら検証&体験し、効果を実証できたソリューションをお客様に訴求していく」ことを基本とし、社内のネットワーク環境をPoCに利用していたことから、さまざまな弊害が生じていたのです。

「社員の大半がエンジニアとして高いスキルを持っていることもあり、社内のネットワーク設定を思い思いに変更することができるため、通信障害が発生することがありました」と櫻井氏は明かします。

さらに同社 技術部1課の藤田優貴氏も、「基本的に業務系ネットワークと開発系ネットワークは分離されているのですが、利便性を求めて運用ルールがあいまいになりがちで、開発系で発生した障害が業務に及ぶこともありました」と話します。

サーバ構築を担当しているエンジニアも便利かつ安全にネットワークを扱える

この課題を解決すべく、同社が目を付けたのがNSXです。

「実はNSXの活用についてはシステム更改を契機に2016年頃から検討していたのですが、当初はネットワーク以外のリプレイスを優先したため導入には至りませんでした。しかし年々、煩雑化していくネットワークの管理・運用を見直すべくネットワーク仮想化の導入を再検討し、ヴイエムウェアからNSXの導入を勧められたこともあり社内でプロジェクトを立ち上げるに至りました」と櫻井氏は話します。

そして、打ち合わせを重ねるに従い、サーバ仮想化からネットワーク仮想化まですべての設定や管理が同一のvCenter上で完結するメリットや、データセンター全体が仮想化に向かう中でNSXが導入実績を拡大していることなどを再確認。「当社の日々のビジネスにとっても、非常に有益なノウハウを得ることができるという思いが、だんだん大きくなっていきました」と櫻井氏は話します。

実際、NSXを使えば、新たな検証環境を立ち上げる際にもvCenterの画面からセグメントを切り出し、専用の仮想ネットワークを構築できます。

「この操作は視覚的に行うことができるので、物理スイッチの設定を変更してセグメントを切り出すよりはるかに簡単です。また、ネットワークにどんな変更を行ったのかという履歴もvCenterを見ればすぐに確認できます。主にサーバ構築を担当しているエンジニアも、より便利かつ安全にネットワークを扱えるという意味で、NSXには非常に大きな魅力があります」と藤田氏も話します。

もっとも、まったく抵抗がなかったわけではありません。「コマンドを打てば手っ取り早く済むネットワーク機器の設定を、あえてGUI上で行うことに少なからず違和感もありました」と話すのは、同社 技術部2課 サブリーダーの山本啄也氏です。

ただし、これも最初のうちだけです。同社はNSX Edge Service Gatewayの機能を使ってファイアウォールをリプレイスしたのですが、「物理アプライアンスから仮想的な機能に変わったとしても、意図しない通信を禁止するというファイアウォールの考え方そのものはまったく同じです。主にネットワーク構築を担当しているエンジニアの立場からも、十分に納得できました」と山本氏は話します。さらに、「ポリシーの制御対象をESXiホスト単位や仮想マシンのグループ単位にまとめたり、任意の名前を設定して管理できたり、従来型のファイアウォールではできなかったことを簡単にできる点は、実際にNSXを使ってみて特に大きな魅力を感じたポイントです」と強調します。

障害発生時の切り分けや社内ネットワーク変更などの運用管理がシンプルに

上記のような経緯により同社は社内ネットワークを全面的にNSXに移行し、2019年6月より運用を開始しました。

これによって達成された成果が、システム管理面におけるガバナンス向上と運用の効率化です。NSXを使ってネットワークの利用目的ごとにエッジルータを分離し、接続ポリシーを再設計したことで、ネットワークの一元管理を実現できました。なお、同社はこれを機にシステム管理者と利用者の責任分界点をアクセス権限で分けており、従来のような誰もが自由に触れるネットワークから脱却しています。

「煩雑だったネットワーク管理がNSXでシンプル化されたことで、問題が発生した際の障害ポイントの特定にもほとんど時間がかからなくなりました。これもまさに『時間創造』の一環です」と櫻井氏は話します。

藤田氏はその詳細を、「検証環境のサーバが通信するネットワークセグメントをエッジルータに統合。一方でコピー機や無線LANなどのその他のデバイスが通信するネットワークセグメントを物理ネットワーク機器へ統合することで、障害発生時の切り分けや社内ネットワーク変更などの運用管理がシンプルになりました」と説明します。

さらに山本氏も、「特にvCenterで管理されている仮想マシンを直接指定し、ポリシー制御できるようになったことが奏功しています。サーバ構築やネットワーク機器といった担当を問わず、誰でも同等の品質でネットワークの設計・構築・管理ができるようになったという点で、非常に大きな効果があらわれています」と訴求します。

そして同社は、今回習得したノウハウをもとに、NSXを含めたインフラ仮想化の提案活動をさらに活発化させていく考えです。また、実際にNSXの導入を検討している企業に向けて、櫻井氏は次のようなアドバイスを送ります。

「NSXは最初に想像しているよりはるかにわかりやすく、vCenter上で仮想マシン基盤とネットワークを統合管理できるため、多くのお客様に是非とも導入を前向きに検討していただきたいソリューションです。また、vSphereは権限管理機能も優れており、新規ネットワーク作成や重要な仮想マシンの電源操作を特定の管理者に制限することができます。操作ミスによる障害発生を根本から防ぐことができることもサーバとネットワークをVMwareで仮想化するメリットと考えています。なお、実際の環境を構築する際は、仮想マシン用VMクラスタ外にvCenterとNSX Managerをデプロイするのが理想的です。これにより、万が一VMクラスタの通信に障害が発生した際に原因の切り分けが容易になります。」

今後も同社は仮想ネットワークの活用レベルをさらに深めていく考えです。現時点でNSXを動かしているのは名古屋の本社のみですが、今後は東京や大阪などの支社との通信にもVXLANを導入し、遠隔地をシームレスにまたいだNSXの利用拡大を図っていくことを検討しています。

ネットワーク機器を仮想化することで管理を vCenter Server に統合することが可能!!
ネットワーク機器を仮想化することで管理を vCenter Server に統合することが可能!!

ネットワーク機器を仮想化することで管理を vCenter Server に統合することが可能!!


お客様情報

お客様名
有限会社ヤングライフプロポーサル
WEBサイト
https://www.ylproposal.com/
概要
設立2004年7月6日。「私達は時間を創り出すお手伝いをし、皆の豊かな将来に貢献します」という経営理念のもと、時間創造をテーマとし、顧客に最適な情報ネットワークサービスを提案。時間にゆとりを創る将来への提案を行う事で、社会に貢献するネットワークコンサルタントを目指している。
従業員数
約30名
導入環境
  • VMware vSphere
  • VMware NSX

※本文中に記載されている会社名及び商品名は、各社の商標または登録商標です。
※本記載内容は2019年7月現在のものです。

おすすめ記事

この記事を読んだ人がよく読む記事

最新の「導入事例」

人気の記事

関連情報

TOP