IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

【SDDC/VDI導入事例】株式会社生活の木 様

2016/08/05

VMware NSXのマイクロセグメンテーションで
サーバ統合仮想基盤と仮想デスクトップ基盤の
セキュリティを大幅に強化

「仮想マシン、仮想デスクトップ1台1台にファイアウォールを設定してウイルス感染のリスクを軽減できるVMware NSXのマイクロセグメンテーションは、海外とのメールのやり取りが多い私たちにとって、強力なセキュリティ対策となる機能です」

株式会社 生活の木 経営管理室 室長 水上 康弘 氏
株式会社 生活の木
経営管理室 室長
水上 康弘 氏

導入前の課題

  • 基盤のパフォーマンス向上、安定稼働
  • ITインフラの管理負荷の軽減
  • ウイルスメールなどによる業務環境への感染リスクの解消
  • 情報漏洩の防止などクライアントPCのセキュリティ対策
  • 全国拠点に分散するクライアントPCの効率的な管理
  • 障害対応、2年ごとのPCのリプレースなどの運用工数の軽減

導入効果

  • 仮想基盤の稼働状況の可視化による運用管理レベルの向上
  • マイクロセグメンテーション機能で仮想サーバと仮想デスクトップを完全に分離し、ウイルス感染の拡大を防止
  • 業務データの端末保存を回避し、中央集約することでデータの漏洩を防止
  • クライアント環境の安全かつ柔軟な運用
  • 管理負荷の軽減によるTCOの削減

仮想基盤の安定稼働、PC管理、セキュリティ強化に向けた包括的な対応

約40年にわたってハーブのある暮らし「ハーバルライフ」を提案し続ける生活の木は、日本におけるハーブ・アロマテラピーの先駆的企業です。従来からITを活用した業務支援に注力してきた同社では、東京本社の情報系サーバを他社ソリューションで仮想化、岐阜工場の基幹系サーバをVMwareで仮想化していましたが、仮想基盤として統合できていなかったことや、東京本社側の他社仮想サーバ基盤では十分なパフォーマンス、安定稼働が確保できていないという課題がありました。

一方、クライアントPCの管理負荷の軽減も課題でした。同社では障害や故障の頻度を少しでも減らすため、2年という短いサイクルでPCのリプレースを行ってきましたが、全国の店舗や本社で利用する約300台のPCの管理をわずか1名で行っており、そこで発生する多大な負荷も改善課題となっていました。

さらに、こうした状況の中で新たに顕在化したのが、セキュリティ対応の課題です。経営管理室 室長の水上康弘氏は次のように語ります。
「昨今、ランサムウェアのような攻撃が増加し、セキュリティリスクが急激に高まっています。当社の業務では、海外とのメールのやり取りが多く、うっかりウイルスメールを開いてしまった場合でも、他のクライアントPCや内部のシステムに被害を及ぼさない対策が急務となっていました」

仮想サーバ基盤の最適化、クライアントPCの管理負荷軽減、セキュリティ強化の3つの課題に同時に直面した同社は、まず本社と岐阜の工場で利用している基幹系・業務系システムが稼働するサーバを外部のデータセンターに移行し、新たな仮想基盤に集約する方針を決定。同時に、クライアントPCに代わって仮想デスクトップの導入方針も決め、これらを新たなデータセンターに移行する決断を下しました。

すべての仮想マシンと仮想デスクトップを完全分離し、感染時は即座に隔離

この課題解決の具体的なソリューションとして同社が白羽の矢を立てたのが、VMwareの製品群でした。まずサーバ統合基盤には、高度な運用管理機能を備えたVMware vSphere with Operations Management(vSOM)を採用し、仮想デスクトップ基盤には、VMware Horizon、vRealize Operations for Horizon、そしてVMware App Volumesの採用を決定しました。「特に、今回の新たな基盤では安定稼働を何よりも優先するため、一元的なダッシュボードでプロアクティブなパフォーマンス監視やキャパシティ管理ができることや、不具合が発生してもより迅速な原因特定が可能になるvRealize Operations Managerが搭載された製品の採用が、サーバ統合仮想基盤、仮想デスクトップ基盤の双方で不可欠でした」(水上氏)

また重要課題であったセキュリティ対策については、ファイアウォールを1台1台の仮想マシンに設定できるVMware NSXのマイクロセグメンテーション機能に注目。サーバ統合仮想基盤と仮想デスクトップ基盤の双方に実装しました。水上氏はVMware NSXの採用理由を次のように振り返っています。
「お客様情報など機密性の高いデータへのアクセスも厳密に制御したかったからです。マイクロセグメンテーションでセグメントを切り分けることで、隣接する仮想マシンやVDIの影響をブロックでき、もし感染してしまった場合でも、不正なアクセスのログを見れば即座に対象の仮想マシンやVDIを隔離して、社内拡散を防止することができます。さらに、VMware NSXの導入に際しては、VMwareコンサルタントによるプロフェッショナルサービスからさまざまな支援を受けました。特にマイクロセグメンテーションの機能を最大限活用するためのサポートは有効でした」

クライアントPCのリプレースや障害対応などの管理工数を削減

この新たな仮想環境の構築プロジェクトは、リコージャパンのサポートによって2015年11月にスタートし、2016年6月にはサーバ統合仮想基盤が完成。仮想デスクトップへの移行は、業務への影響が少ない店舗のPCから開始し、その後、本社のデスクトップPCとモバイルPCがVDIに切り替わります。

端末は、店舗と営業担当はWindows10搭載のノートPC、本社のPCはゼロクライアントに置き換えています。水上氏は「ディスクを搭載していないゼロクライアントなら、ハードウェア障害の不安もありません。またスタッフが増えても、端末の増設やプロファイルの設定、リカバリも簡単にできるので、管理効率が高まります」と説明します。

今回の一連のVMwareテクノロジーの導入により、生活の木はさまざまな成果を得ています。

「最大の成果は、セキュリティの不安が解消されたことです。VMware NSXによって、仮想サーバと仮想デスクトップの双方でウイルス感染への対応力が高まりました。業務データはすべてデータセンターに集約されているので、端末の紛失や盗難で情報が漏洩する心配もありません。コスト面においても、VMware NSXを使わない場合の試算と比べると、非常に大きなコストメリットがあります」(水上氏)

また仮想デスクトップについて、水上氏は「基本のアプリなどはマスターで管理していますが、OSやライセンスの制約がある個別のシステム上のアプリについては、App Volumesを使って瞬時に配信が可能となり、従前のアプリ管理と比較して劇的に工数削減できています」とApp Volumesがもたらした成果を高く評価しています。

さらに、今後の具体的な効果の創出にも期待を寄せています。店舗のPCが故障した場合、仮想デスクトップなら代替機を送るだけで復旧ができ、時間は大幅に節約されます。さらに、2年サイクルで交換していたPCの移行作業、ゼロクライアントの導入による端末のコスト削減効果についても、明確な見通しが立っているといいます。

モバイル端末の一元管理に向けEMMの導入を検討

今後については、スピーディなトラブル対応を実現するためリアルタイムでのログ管理およびログ分析機能を備えたVMware vRealize Log Insightにも注目しています。また、モビリティの強化という課題に対しては、エンタープライズモビリティマネジメント(EMM)を実現するVMware AirWatchの導入も視野に入れています。すでに同社の上層部からはタブレット活用の声も上がっていることからも、ここではWindows端末とモバイルを一元的に管理できるAirWatchが有効です。EMMへの期待の背景には、検討を進めているOffice365などSaaSの導入に際して、社内アプリも含めた複数のアプリケーションの管理が必要になっていることがあります。「将来に備えてAirWatchとVMware Workspace ONEによるワークスペースの実現に向けた検討は続けていきたいですね」と語る水上氏。生活の木の仮想化統合基盤は、VMwareのソリューションによって新たなステージに移行しようとしています。

図:生活の木が運用する仮想化統合基盤

図:生活の木が運用する仮想化統合基盤


お客様情報

会社名
株式会社生活の木
WEBサイト
http://corp.treeoflife.co.jp
概要
1955年に個人の陶器店として創業。1976年からはハーブやアロマテラピーのビジネスに取り組み、現在は「自然」「健康」「楽しさ」の3つをテーマに、ハーブやアロマテラピーの原材料の仕入れから開発、製造、販売までを一貫して行っている。その他、全国約120店舗の直営アンテナショップのほか、カルチャースクール「生活の木Herbal Life College」、メディカルハーブガーデン「薬香草園」、アーユルヴェーダサロン「AYUSHA」を運営。近年は「食」の分野にも注力し、スーパーフードの開発・普及を通して、新しい食文化の創造に取り組んでいる。
導入製品/サービス
  • VMware vSphere with Operations Management Enterprise Plus
  • VMware NSX for vSphere
  • VMware Horizon Enterprise
  • VMware App Volumes
  • VMware vRealize Operations for Horizon
  • VMware プロフェッショナルサービス
    • NSXマイクロセグメンテーション設計支援
    • NSX導入/構築支援
    • NSXテスト項目策定/テストサポート支援

※上記は過去にVMware が制作したお客様導入事例の内容を元に作成しております。製品名・お客様の情報等は当時の内容です。

導入事例一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連するセミナー

関連する資料ダウンロード