IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

【導入事例】株式会社レスキューナウ 様

2011/06/27

“仮想化”で、サーバの追加が簡単・短期間・低コストでできるようになりました。

レスキューナウ様は、災害危険管理に対するこの他に類を見ない体制・システム・コンテンツによって、個人・法人に対して危機管理情報を提供し、また法人に対しては危機管理の情報支援サービスを行っています。これまでは、お客様が緊急通報サービス、安否確認サービスなどの当社サービスを一斉に利用されるため、システムに高い負荷がかかっていたのですが、仮想化導入後はリソースに柔軟性を持たせることができるようになり、アクセス集中時にも問題なくシステムを稼働させることができました。現在では、サーバの追加が簡単・短期間・低コストでできるようになりました。

導入目的

  • 従来は物理サーバでシステム構築をしていたため、サーバ追加に時間と費用を要していた
  • 災害発生時のアクセス集中に備えて、十分なリソースを準備・確保しておく必要があった

導入効果

  • サーバの追加が、簡単、短納期、低コスト化
  • 災害、事故の直後でも、柔軟にリソースの割り当が可能に

レスキューナウ様事例


お客様情報

企業名
株式会社レスキューナウ
Webサイト
http://www.rescuenow.net/
業種
通信・IT/情報技術
事業概要
災害・事故時、迅速な情報配信と処理をする必要があるサービスを運用。
導入製品
VMware vSphere
ソリューション
可用性の向上
対象サーバ数
100台~499台
利用ユーザ数
99名以下

※上記は過去にVMware が制作したお客様導入事例の内容を元に作成しております。製品名・お客様の情報等は当時の内容です。

導入事例一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード