IT価値創造塾

VMware®

中堅・中小企業の仮想化からクラウドまでをナビゲートします。

【導入事例】日本女子体育大学 様

2012/02/23

VMware® Horizon View™ と PCoIP を活用し、デスクトップ管理の簡素化、運用コストの削減、およびデスクトップ セキュリティ全体の向上を実現

VMware Horizon Viewの導入により、広い作業スペースは不要となり、20台の修復が3日から3時間と短縮することが可能となりました。デスクトップ画面操作では、優れた使用感を実感でき、PCoIP対応のゼロクライアントを利用することによるアクセス端末のセキュリティ管理や障害対応が簡単・短時間で実現するようになりました。今後は学生サービス向上のための取組みにも時間を費やせるようになりました。

導入目的

  • 管理運用工数の削減
  • セキュリティの担保

導入効果

  • 運用管理負荷の軽減:管理運用工数の削減が実現され、より戦略的な活動に時間を
  • 割けるようになった
  • 新たなワークスタイルへの対応:ユーザのロケーションフリーな業務を実現できた
  • セキュリティ対策:機密情報の漏洩のリスクを低減できた

セキュリティ面と運用面の双方を解決するソリューションとして、仮想デスクトップを検討

日本女子体育大学では、ファットクライアントが抱える情報漏洩などのセキュリティの問題や、クライアントの管理に多大な工数を要しているという課題が従来からありました。
情報漏洩への対応として、ディスクの暗号化という取組みは行ってきましたが、その分ライセンス費用の増加や運用工数の手間も増えるという事態にもなっていたため、セキュリティ面と運用面の双方を解決するソリューションとして、仮想デスクトップを検討し始めました。
同校では、迅速な画面転送が実現できることを仮想デスクトップ採用の要件として求め、9ヶ月の検証期間の末、PCoIPを使った VMware Horizon View が同校のパフォーマンス要件を満たすということで、採用に至りました。2011年10月に VMware Horizon View を導入し、校内事務のPC端末105台を仮想デスクトップ環境に移行しました。
選定のポイントは、PCoIPに対し、数ある画面転送プロトコルの中で、デスクトップ画面操作において最も優れた使用感が得られるプロトコルであると検証できたことが評価の背景にあります。更に、PCoIP対応のゼロクライアントを利用することによるアクセス端末のセキュリティ管理や障害対応が著しく楽になることを検証により実感できたことが、採用の大きな決め手となりました。

運用面において大幅な工数削減を実現

VMware Horizon View を使ったゼロクライアントの導入後は、運用面において大幅な工数の削減が可能になりました。
まず、デスクトップ環境のキッティングや修復時においては、イメージのコピーで行えるため、環境の修復などが非常に容易にできるようになりました。また、実際にそれらの作業時に、従来のファットクライアントの作業では、広い作業スペースが必要でしたが、 VMware Horizon View で仮想デスクトップ化したことで、作業場所の確保が不要となり、省スペースが実現できました。
障害対応時でも効果を実感することができました。従来までは、PC端末に障害が発生すると、多くの場合、ベンダーに対応を依頼する必要がありましたが、仮想デスクトップ化したことでベンダーを呼ぶことなく、迅速な障害対応ができるようになりました。更に、ユーザからPC端末の新規購入依頼にも即座に対応できるようになりました。ユーザから依頼を受けた後、PC端末を発注、受取り、そしてキッティングをし、ユーザに届けるという一連のプロセスの中で VMware Horizon View を導入して仮想デスクトップを実現した今では、OSや必要なソフトウェアのインストールの部分は、5分程度で設定できるようになりました。

セキュリティ強化とロケーションフリーの実現

セキュリティ面でも、仮想デスクトップによりデータ漏えいの心配がなくなりました。従来までは、ユーザが外出先でPC端末を利用すること自体にリスクを孕んでいましたが、今は、外出先で端末を紛失することがあっても、アクセス端末にデータを保存することがないので、漏えいのリスクが低減することができました。校内の事務を担当するユーザにとって、同校の学生データを扱う業務の特性上、従来までは、データ漏えいのリスクを考慮して、校内での業務に限られていました。しかし、仮想デスクトップを導入し、校内だけに限らず、出張先や自宅でもセキュリティを確保しつつ、業務可能なロケーションフリーの環境が実現されるようになりました。

デスクトップ画面操作の使用感に優れたPCoIPを採用した VMware Horizon View での仮想デスクトップ環境は、従来のファットクライアント利用と変わらないパフォーマンスを発揮しています。管理者だけでなく、ユーザにとっても、ロケーションフリーで利用可能な快適なデスクトップ環境によって、業務の生産性の大幅な改善に成功しています。

今回の校内事務の仮想デスクトップ化の成功を受け、今後、同校は、教育現場で使用されているPC端末のデスクトップ仮想化を推進する方針です。これらの取り組みを通じ、同大学はより一元化された情報管理を実現し、さらなる運用コストおよびセキュリティ リスクの低減を図る予定です。

日本女子体育大学 様


お客様情報

企業名
日本女子体育大学
Webサイト
http://www.jwcpe.ac.jp/
業種
教育
事業概要
1922年に二階堂体操塾が設立されて以来、本学は創立者二階堂トクヨの教育理念に基づく建学の精神である《体育を中軸に据えた全人教育》を実践し、教養豊かで想像力のある女子体育指導者を輩出してきました。長寿社会となった今日、いかに健康で年を重ねるかが大きな課題となったなか『身体の健康維持・増進を目的とする体育は、知育・徳育の基礎であり、老若男女それぞれの特質・段階に応じて、楽しく、我がものとして行うべきものである』というトクヨの考え方は、今も本学に生き続けています。
導入製品
VMware Horizon View
ソリューション
デスクトップ仮想化、可用性の向上
利用ユーザ数
100名~499名

※上記は過去にVMware が制作したお客様導入事例の内容を元に作成しております。製品名・お客様の情報等は当時の内容です。

導入事例一覧

このカテゴリのコンテンツ一覧をみる >

RSSを登録して購読する >

ニュースレターを購読する >

関連するコンテンツ

関連する資料ダウンロード